オススメの本・参考書

高校化学

[高校]化学のオススメ参考書

高校の化学が苦手な人向けにオススメな参考書を厳選しました。なぜオススメなのか理由と併せて詳しく解説しています。化学が苦手な人のほとんどは化学の用語や基礎事項が抜け落ちているのが原因です。逆に言えば基礎事項さえ習得できれば、その先はスムーズに学習できます。今回は基礎事項の学習に特化した参考書をオススメしていこう思います。
高校生物

日本人なら知っておきたい発酵食品の科学

日本人の心ともいうべき発酵食品。しかし発酵についてしっかりと知識を持っている大人は本当に少なく悲しく思います。高校の生物では発酵について基礎的なことを学びますが不十分。いかに発酵が素晴らしく神秘的でそして高度に文化的な活動なのかを理解する良書をご紹介します。
オススメの本・参考書

虹色のチョーク 働く幸せを実現した町工場の奇跡 小松成美

本のレビューです。学校現場に必ずと言っていいほどある「ダストレスチョーク」を製造する日本理化学工業のお話です。従業員の7割以上が知的障がいを持つ人で構成されている。なぜそんな会社があるのか、どうして成立するのか、その背景と苦悩、そして社会に与える意味を教えてくれる一冊です。
オススメの本・参考書

いじめを生む教室 荻上チキ

いじめ防止対策推進法の策定にも関わった筆者が、いじめの原因、原理、定義、捉え方、予防策、解決へ向けて、様々な文献やデータを元に書いた良書です。ここでは要約とレビューをします。教員の過剰労働にも触れています。子どもは家庭、学校、地域社会で育むもの。ぜひ色々な方に読んでもらいたい1冊。
タイトルとURLをコピーしました